STORY 伊勢半 vol.1

                  いつも夢を携えて、化粧品も企業もブランディング

                  伊勢半 開発本部本部長
                  池戸 和子さん

                  「うちで正社員として働いてみないか」。25年前、フリーのデザイナーとして営業に飛び込んだ先で、池戸和子さん(50)はこう誘われた。足を運んだのは老舗化粧品メーカー、伊勢半(東京?千代田)。思わぬ縁で入社した後、いくつものブランドを立ち上げ、ヒット作を世に送り出し、今は本部長として開発本部を束ねる。この間、ずっと心に刻んできたことがある。「夢?ビジョンを持って仕事?#24037;搿?/p>

                  「なんとかなる?#24037;?#27005;観的に

                  「深刻な表情だ?#21462;?#21608;囲も暗くなる。『なんとかなる』と楽観的に進めていかない?#21462;埂?#27744;戸さんの言葉そのままに、開発本部に所属?#24037;?1人は笑顔が絶えない。見れば職場にいる男性は4人だけで、残る多くの女性も3割近くは子育て中。フレックスタイムに育児時短勤務と制度が整い、育児休暇明けの復職率は100%、全員が復帰?#24037;搿?/p>

                  isehan_Ikedo-16_680x479.JPG
                  71人の開発本部を束ねる池戸和子さん。本部員のほとんどが女性だ

                  本部にはもう一つ、他社にない独自の仕組みがある。企画から実際の開発、化粧品を入れる容器の選択から店頭の販促活動に至るまで、「プランナー?#24037;?#21628;ぶ担当者が?#24037;伽?#38306;わることだ。作りたい商品を企画?#24037;毪坤堡扦勝ⅰ弗戛`ムのしっとり感をもっと出して?#24037;?#30740;究本部に処方に関?#24037;?#35201;望を出す姿もよく目に?#24037;搿?#20808;端的な人事制度と独自の開発システム。これこそ、1994年、25歳の池戸さんが入社した決め手でもあった。

                  家電販売店を営む両親の姿を見て育ち、「売るという仕事がしたい。それが自分で作ったモノだったら、もっと楽しい?#24037;去釬頂ぅ施`の道に。文具や日用雑貨を扱うメーカーのデザイン部門勤務を経て、友人と2人で起業した。これまでの作品を手に営業活動を始め、訪れたのが伊勢半だった。

                  外部の取引先ではなく、仲間になってほしい。予想外の打診だったが、会社を観察?#24037;毪?#33288;味がかきたてられた。職場は当時からフレックスタイム制を導入しており、「自分のスタイルで勤務ができる?#24037;?#24863;じた。企画から店頭まで?#24037;伽?#25285;当できるのも魅力的に映った。

                  isehan_Ikedo-11_680x478.JPG
                  営業に訪れた伊勢半でスカウトされた

                  先輩の下で業務のイロハを学んだ後、2年ほどで美白をうたうスキンケア用品を任される。文具?日用雑貨と?#20808;?#36949;う世界。でも、楽観主義者らしく、プレッシャーは感じなかった?#26085;瘠?#36820;る。「自分を含め、ターゲット?#20140;`ンが欲しい商品を作ればいい」。そんな心構えで挑んだ。

                  パッケージを工夫、印象強いブランド立ち上げ

                  スキンケア用品の次に担当となったのが、総合メークブランドだった。メーク用品はロングセラーを多数抱える、会社が最も競争力を持つ分野。しかも、決まっているのはブランド名だけ。コンセプ?#21462;?#21697;ぞろえなどを自由に考案できる幅広い裁量が与えられた。プレッシャーがかかる状況。でも、悩むことはなく、欲しいモノを作るという姿勢を貫いた。こう読んでもいた。「メークブランドは個性が際立つ方がよい。私の世界観さえブレなければ、大好きと支持してくれるファンが必ずできる」

                  isehan_Ikedo-26_680x486.JPG
                  担当者は企画から店頭の販促まで一貫して関わる

                  数千円?#24037;?#39640;級品と異なり、伊勢半はドラッグストアなどで手軽に買えるセルフ化粧品を扱う。かけられるコストは限られる中で、思わず手が伸びる商品に?#24037;毪摔悉嗓Δ工欷肖いい?#30693;恵を絞り、新たなアイデアを取り入れた。

                  その一つがパッケージだ。素材をこれまでの紙から透明なプラスチックに変更し、中身の色や本体をはっきり見えるようにした。商品ラインアップはネイルカラーだけでも40色をそろえた。専用の什器に並べる?#21462;?#36843;力ある色が押し寄せる。「やった」。店頭で並ぶ様子を目にした際、充足感が体を貫いたという。

                  最前線に立?#30952;抓楗螗施`として手掛けたブランドは10弱。どれを手掛けよう?#21462;?#22818;?ビジョンは忘れなかった。「どれも色気を感じるように?#24037;搿埂?#27744;戸さんは説明?#24037;搿?#21270;粧の大きな目的は美しくなるこ?#21462;!袱坤欏?#23448;能的な側面がない?#21462;?#21830;品とし?#22120;?#21147;がないと思う」。コンセプトには表さなくても、どことなく色気が漂うことを意識した、?#21462;?/p>

                  isehan_Ikedo-22_680x465.JPG
                  試作品の修正を的確に指示

                  会社は一人で回らない

                  経験を積み、順調にキャリアを重ねていた32歳の時、ライフイベントが訪れた。結婚、出産だ。3年後には第二子が誕生。2度の出産、そして2度の産休?育休で、こう確信した。「仕事が好き。これからも働き続ける」。育休明けに復帰?#24037;毪取?#24403;然のように忙しくなり、バタバタ?#24037;毪長趣?#22679;えた。その中で、効率を高める?#24037;伽?#20307;得。優先順位を決め、周囲には助けを求めるようにした。

                  isehan_Ikedo-31_680x465.JPG
                  2人の子育てを経て、仕事が好きだと確信した

                  私生活の転機。間を置かず、会社では新たなステージが用意された。2度目の育休が明けてから37歳で課長に昇進。担当者としてモノ作りに注力?#24037;?#31435;場から、組織全体を見渡す視点が求められた。そして、自分が企画し、育てたブランドは後輩に託す。「手を離?#24037;韋工搐?#23490;しくて」。本音だった。「各ブランドをどのように導いていくのか考えるようにしよう?#24037;?#32013;得させたと打ち明ける。

                  管理職になっても、深刻な顔をしない楽観主義は変わらなかった。部下とのスタン?#24037;玀餞韋蓼蕖¥郡饋ⅳ瑜?#28145;く気付かされたことはあった。一つは社内外でのコミュニケーションの大切さだ。「急ぎでやってもらえない??#24037;人?#37096;署にお願い?#24037;?#22580;面で、どんな関係を相手と築いているかどうかで、結果が大きく左右される。「役職が上がるほどパイプ役をしっかりできないとダメ」。仕事、会社は一人では回らない。育休取得時にも感じたことが改めて心に刻まれた。

                  isehan_Ikedo-35_680x471.JPG
                  常に和やか。深刻な表情はしない

                  そして、管理職だからこそ、ビジョン、夢を持つべきだとも思った。プランナー時代は色気のある商品を世に送り出した。課長としては「注力?#24037;毳芝楗螗嗓?#36984;び出?#24037;?#27770;めた」。当時、商品数はどんどん増えていた。どこかで歯?#24037;幛頦薄?#36984;択と集中に乗り出さない?#21462;?#25104;長できないと気付いていた。時を同じくして、注力ブランドの広告を積極的に展開?#24037;毪趣い?#32076;営方針が決まり、池戸さんの目指す方向を後押しした。

                  誰もが憧れる会社目指す

                  5つの部署からなる開発本部の本部長に就いたのは2018年。見える風景はさらに広がった。所属?#24037;?1人には折に触れ、池戸さんは伝える。「人間だから失敗は?#24037;搿¥餞?#24460;の行動が大切。間違いが起これば、?#24037;挨?#24773;報を共有?#24037;毪瑜Δ恕?#38560;せば隠?#24037;郅?#31348;は大きくなる」

                  isehan_Ikedo-08_680x479.JPG
                  「社員の夢?ビジョンの総和が、企業の見えない資産となる」

                  本部員の3割近くを占めるママ社員には、育児時短勤務制度をどんどん活用?#24037;毪瑜Δ摔?#20419;す。それこそが、残った同僚のためになる。「今までの業務ができなくなったら、誰かにお願い?#24037;搿?#20219;された人は喜べるはず。新しい仕事ができるチャンス、活躍できる、成長できる場を与えてもらったのだから」。だから、周囲に気兼ね?#24037;?#24517;要?#20808;勝い?#24375;調?#24037;搿?/p>

                  「社員の夢?ビジョンの総和が、企業の見えない資産となる」。池戸さんはそう確信している。だからこそ、役職に応じて夢、目標を掲げてきた。本部長としては。どのブランドもさらに磨きをかけるとともに、商品を束ねる総合ブランドであり、企業ブランドでもある「KISSME(キスミー)?#24037;?#30693;名度を引き上げることが第一と力を込める。「さらなるグローバルブランドに育てたい」

                  そして、「多くの人に入社したいともっと思ってもらえる企業にしたい」。品質は揺るぎない、でも何か新しいことを?#24037;搿?#38754;白いことができる、遊び心のある会社に。「誰もが憧れる存在になれば」。そう願っている。

                  会員登録?#24037;毪取ⅴぅ佶螗趣?#20132;流会への参?#21360;ⅴ岍`ルマガジン購読などご利用いただけます。

                   
                  新疆11选5图片