STORY 東京海上日動火災保険 vol.23

                  科学技術振興と損保営業、つくば市出向で越えたキャリアの壁

                  東京海上日動火災保険 茨城支店茨城南支社
                  中山 沙緒里さん

                  「仕事を通じて自分を成長させたい」。東京海上日動火災保険茨城支店の中山沙緒里さん(32)は働くこ?#36259;?#24847;義をこう考えている。入社以来、損害保険の営業を主に担当してきたが、30歳の時につくば市役所に出向。全く畑の違う科学技術振興の業務に1年間携わった。異文化の仕事は自らの思考スタイルに変化をもたらし、キャリアの壁を越える成長経験?#36259;勝盲皮い搿?/p>

                  人見知り、だからこそ営業に挑戦し自分を変えたい

                  中山さんが東京海上日動に就職したのは、地元?茨城で働けるこ?#21462;?#22899;性活躍推進に熱心だったこ?#36259;?#27770;め手?#36259;勝盲俊?#23398;生時代、会社説明会に登壇した女性社員が生き生きと話をしている姿に触れ、「自分もこの会社で長く働きたい?#24037;?#24605;った?#36259;いΑ?#33258;らの性格を「人見知りで引っ込み思案?#24037;?#20998;析?#24037;搿¥坤槨長健?#22899;性社員が事務だけでなく、これからは営業にもどんどん出ていくようになる?#36259;い?#20250;社の方針も魅力に感じた。「営業の仕事に挑戦して、自分を変えたい?#24037;趣?#24605;いがあった。

                  tmn_Nakayama06_680x430.JPG
                  「地元で働き、地域に貢献したい」。中山沙緒里さんは転居を伴う転勤がないエリアコース社員?#36259;筏?#26481;京海上日動火災保険に入社した

                  入社後、茨城南支社(つくば市)に配属され、2年間は営業事務を担当。3年目から保険代理店の営業担当?#36259;勝盲俊?#20808;輩社員の指導を受けながら、担当?#24037;?#20195;理店を回って経営を支援?#24037;搿?#21942;業の基礎を覚えながらの1年目。希望した営業職だったが、実際に担当してみる?#21462;袱浹盲皮い堡?#33258;信が持てなかった?#24037;?#35211;えない壁にぶち当たった。

                  「経験不足、勉強不足、知識不足です。担当した代理店さんのほうが保険について詳しい。自分が何をしたらいいのかが見いだせず、苦しかった」。当時はまだ女性の営業担当が少なく、身近にロールモデルがいなかった。指導役の先輩社員の営業手法や行動をそのまま模倣?#24037;毪韋?#23481;易ではない。自分はどのようなスタイルで営業に取り組めばいいのか――営業1年目はいつも悩んでいた?#36259;いΑ?/p>

                  tmn_Nakayama14_680x450.JPG
                  営業職に挑戦し、自分の殻を破りたかったが???

                  「もっと代理店さんを知りたい」社員一人一人に声かけ

                  変化が起きたのは営業3年目に入った頃。それまで担当代理店?#36259;?#38306;係は管理職と面会?#24037;毪肖轆坤盲郡ⅰ袱玀盲?#20195;理店さんのこ?#36259;?#30693;りたい?#24037;趣?#24605;いから、接点が少なかった現場の社員たちにも積極的に声をかけるこ?#36259;?#22987;めた。「人見知りだから最初は不安で緊張?#24037;搿?#20170;でもそれは変わらない」。しかし?#32887;荬?#20986;して行動を起こ?#24037;取?#22810;くの社員?#36259;?#20250;話を通じて色々な情報が入るようになった。会話が楽しくなり、営業が面白いと感じ始めた。

                  営業の魅力を知り、代理店?#36259;違靴ぅ駐?#22826;くなる?#21462;?#21942;業成績にもつながる。担当?#24037;?#20195;理店に対して、保険商品に関?#24037;?#24773;報提供や勉強会の開催などを積極的に推し進めた?#36259;長懟?#20195;理店の組織体制に関?#24037;?#30456;談なども受けるようになった。信頼関係の強まり?#36259;趣玀?#21462;扱額も増加。成績が伴えば、営業の仕事がさらに魅力的に感じる。当初感じた営業職の壁をひ?#36259;?#36234;えるこ?#36259;扦俊?/p>

                  tmn_Nakayama15_680x440.JPG
                  中山さんは入社以来、茨城南支社で営業事務2年と営業6年半を勤務した

                  営業になって7年目の秋、異動の辞令を受ける。行先はつくば市役所。東京海上日動は各地域?#24605;膜?#28155;い「地方創生?#24037;?#21462;り組みに貢献していくこ?#36259;恰?#22320;域と共に成長していくこ?#36259;?#30446;指している。自治体への社員の出向は、その取り組みの一環だ。社員がキャリアを広げていくために多様な経験を積む?#36259;い?#30446;的もある。つくば市に出向?#24037;毪韋稀?#20013;山さんの前任者に続いて2人目。辞令を受けた?#36259;稀?#26399;待半分、不安半分」。前任の先輩から市役所での仕事は充実している?#36259;?#35441;を聞いていた。ただ見知らぬ世界の中で、先輩のように活躍できるのか、大きなプレッシャーだった?#36259;いΑ?/p>

                  目からうろこだった「自問?#24037;?#32368;り返す習慣

                  つくば市での配属先は科学技術振興課。「科学の街?#24037;?#27161;榜?#24037;?#21516;市で、科学技術に関?#24037;毳ぅ佶螗趣?#20107;業の企画?運営?広報の担当?#36259;勝盲俊?#25613;保営業の仕事?#36259;?#20840;く違う世界。これまで関わったこ?#36259;韋勝?#20998;野だが「チャレンジングな仕事。地元に貢献できる?#24037;?#21463;け止めた。

                  tmn_Nakayama20_680x430.JPG
                  「チャレンジングな仕事」。つくば市役所への出向を前向きに?#36259;槨à?/figcaption>

                  具体的に携わったのは、全国の企業などから先進的な技術を実用化?#24037;?#25552;案を公募?審査し、有望なアイデアをつくば市内で実証実験?#24037;毪韋?#25903;援?#24037;搿袱膜蠸ociety 5.0 社会実装?#21435;楗ぅⅴ?#25903;援事業?#24037;洹?#36523;体に?#30333;扭筏?#27497;行をサポー?#36259;工毳轔膝鷹?#29992;ロボッ?#36259;?#26222;及?#24037;毪郡幛?#20307;験会など。中山さんが任された業務を進める中で、市役所の上司や同僚から絶えず聞かれる問いがあった。「なぜ、そのように?#24037;毪危俊?/p>

                  例えばイベント告知のためのチラシやホームページを作成?#24037;?#38555;には、デザインや記載内容を見て「誰に何を伝えたいのか?」「どのような人にイベン?#36259;?#26469;てもらいたいのか?」「どうしてチラシ?#36259;い?#25163;段を選んだのか??#24037;勝嗓?#24505;底的に尋ねられた。「Society 5.0?#24037;?#20844;開審査会の観覧者を?#25216;工?#38555;には、「なぜ、そ?#25991;技?#26041;法なのか?」「それって市民のためになるのか?」???などなど。中山さんはこの「なぜ、なぜ、なぜ?#24037;?#21839;いに窮してしまう。「前例に倣って何?#36259;勝浹盲皮い毪取ⅳ勝激?#31572;えられない」

                  tmn_Tsukuba680x380.jpg
                  「つくばSociety 5.0 社会実装?#21435;楗ぅⅴ?#25903;援事業?#24037;?#25285;当?#24037;?#24066;役所のメンバー。中山さん?#29486;螭椋?#30058;目。関係各所?#36259;?#35519;整作業も貴重な経験?#36259;勝盲?/figcaption>

                  市役所の職員を見ている?#21462;?#20107;業に取り組む際にいつも「市民のためになるか?#24037;趣い?#33258;問を繰り返していた。「市民のメリッ?#36259;趣い?#35222;点を忘れずに、しっかりした目標やビジョンを持ったうえで自らの取り組みを提案し、行動しない?#36259;い堡勝ぁ埂?#36942;去のやり方を踏襲しがちだった中山さんに?#36259;盲?#30446;からうろこが落ちた経験だった。「なぜ??#24037;?#33258;問し、考えるこ?#36259;恰ⅳ瑜轆瑜?#26041;法が見いだせる可能性がある。

                  実際、中山さんは審査会の観覧者を?#25216;工?#38555;に、市民が書類で申し込む従来方法のままでよいのか?#36259;?#30097;問を持ち、ネッ?#36259;坤堡?#30003;し込み手続きが完結?#24037;?#26032;しい手法を取り入れた。「SNS(交流サイト)で拡散できるので、より多くの方にご案内できる?#24037;趣?#29401;いも当たり、応募者は前年を上回った?#36259;いΑ?/p>

                  新技術の普及を保険で後押し

                  tmn_Nakayama22_680x420.JPG
                  茨城南支社の横山孝臣支社長(左)が中山さんをつくば市への武者修行に送り出した

                  1年間の市役所勤めを終え、2018年10月に再び茨城南支社に戻った。「会社をいったん外から見るのは良い経験だった。保険営業でも今までの手法を当たり前のように受け入れていたが、もっ?#21462;氦勝肌護?#24847;識を持てば改善できるものもあるのではないか?#24037;取?#20181;事に取り組む際の思考スタイルの変化を自覚?#24037;搿?#19978;司の横山孝臣支社長も「この1年間で視野が随分広がった。難しい課題に対しても深く考え、前向きに挑むようになった?#24037;?#24112;任した中山さんの成長に目を細める。

                  科学技術振興の仕事と損害保険?#36259;?#24847;外な関係にも気付かされた。中山さんは出向中、新技術を使った実証実験やイベント開催の時に、何かあった場合に補償できる保険商品がないか?#36259;?#30456;談を受けるこ?#36259;ⅳ盲俊¥餞?#26178;は?#24515;瞍勝?#26399;待に応えられなかったが、ニーズに対応した保険商品を提供?#24037;毪長趣?#26032;技術の普及を後押しし、損保会社?#36259;筏?#36002;献できる分野だと意識?#24037;毪瑜Δ摔勝盲俊¥膜?#24066;のニーズを?#36259;槨ā?#33258;動運転やAI(人工知能)など新技術の普及を促す保険商品の開発の橋渡し役にもなって、地元に恩返ししたい。そん?#20181;激い?#33469;生えてきた。

                  tmn_Nakayama26_680x440.JPG
                  「仕事を通じて色々な人から多くを学べる。働き続けるこ?#36259;?#33258;らを成長させたい」

                  誰しも仕事を長年続けていくうちに、固定観念や思考停止?#36259;い盲駿慳轔ⅳ?#25104;長を阻む壁が知らず知らずにできていくこ?#36259;ⅳ搿?#20013;山さんに?#36259;盲皮?#20986;向経験は、このキャリアの壁を崩?#24037;玀韋趣勝盲俊!?#22320;元で営業を続けていきたい」「地元に貢献していきたい?#24037;趣い?#27671;持ちはさらに強くなった。そして代理店?#36259;?#38306;係については以前よりも深くありたいと思うようになった。「目先の数字に?#36259;槨銫欷毪韋扦悉勝?#20195;理店のビジョン?目標を共有し、一緒になってその実現に取り組んでいく」。それがやりがいになる?#36259;?#24605;いを強く抱いている。

                  会員登録?#24037;毪取ⅴぅ佶螗趣?#20132;流会への参加、メールマガジン購読などご利用いただけます。

                   
                  新疆11选5图片